網戸を守ろう!

ぢゃすちゃんはキャットタワー以外では爪とぎしませんが、網戸は爪の引っかかりがいいので、どうしてもビローンと網目が・・・・。簡単に取替えられない出窓の網戸には、市販のボードを何枚かくっつけて、直接網戸に手がかからにようにしてみました。
e0012610_19234892.jpg

ところどころ、切れてるところもあります。。。
e0012610_19295763.jpg

出窓には、網目ボードを数枚重ねて保護。
[PR]

# by jasgenki | 2005-06-11 19:31 | いたずら防止

ネコ草

e0012610_192939.jpg
うちでは、ネコ草をたくさん栽培しています。夏は枯れるのが早いので、切れないようにこまめに栽培。無印良品で売っている茶袋のネコ草は土ではなく栄養分をしみこませたコットンの中に種が仕込んであるので、衛生的。ただ、枯れるのも早いです。このほかに、無菌土(高温殺菌済み)の土に種をまいて、好きな器で栽培します。こちらはいつまでも青々。ネコ草を食べる理由は、まだはっきりとわかっていないそうだが、ぢゃすちゃんは、よくハミハミしているようです。ネコ草を食べたいのに、切らしていると、ほかの植物を食べたりすることもあるそうです。危険な植物も多いので気をつけています。

<期待できる効果は>
●毛玉を吐きやすくする?
●ウンチにそのまま出ていることもある。
[PR]

# by jasgenki | 2005-06-08 18:58 | 食べ物

ガンとクロレラ

クロレラミンCVEは良質のクロレラ。世間に出回っているクロレラは、はっきりいって飲んでもあまり意味のないようなまがい物が多いとのこと。サンクロレラとはダメだそうです。

私はクロレラミンCVEの開発者でも営業でもないのですが、開発者の方と話す機会があり、その存在を知ったという程度ですので、言葉が足りないかもしれません。
なお、これは健康補助食品の枠を超えられないため、ネットで具体的な数字や効果を見ることはできないと思います。

学会発表資料の掲載は私が個人的読み、自分の言葉でその内容を伝えることにします。時期がきたら削除します。

クロレラミンCVEは人間の末期ガンの患者に多く取り入れられており、実際症状が改善したケースが多数ある。100%ではないが、高い確率です。学会発表資料では、マウスレベルでガン細胞の減少、白血球の値の劇的な改善などは証明されている。

病院でも一部の医師がその効果を認め患者に積極的に薦めている。
その一番の効果は、抗がん剤の使用により起きる副作用である「白血球減少症」の症状が改善されることである。人間の場合、抗がん治療の副作用である白血球減少症を引き起こすと、

 ・倦怠感
 ・うつ病

などが起こる。よく知られていないがこの「うつ」の症状がその後の病状の回復に影響を与えることがある。

抗がん治療をしていない場合でも、効果はある。
動物への使用でも効果を出
[PR]

# by jasgenki | 2002-09-02 12:58 | その他