カテゴリ:シャンプー( 1 )

泡立てないでいいの?! モンシュシュという名のシャンプー

普段は、ほどんど勧誘などに引っ掛からない筆者であるが、今日は真剣そのものって顔でセールスレディーの話をきき、バシバシ質問をあびせかけ、「んなら、試してみようか」という運びになった。
その、モノとはこれです!
e0012610_19343599.jpg

あらゆるペット、人間の赤ちゃんなんかにも使えるという泡立てないシャンプー
普通はシャンプーというと「ぶくぶく泡立てたその泡で汚れを吸着し落とす」というは、わかったようなわからんような理屈ですが、このシャンプーは
 1)シュッシュとボデーにスプレーし、
 2)全身によく擦りこんで
 3)シャワーなどですすぐだけ。リンスはいらない。
e0012610_19521938.jpg


そのすすぎも、普通のシャプーのようにしっかりしないくてもいいらしい。
私が買ったのは「モンシュシュ/美溶液機能シャンプー」というもの。
ぶくぶく泡立つシャンプーじゃないんだけど、どうやって汚れが落ちているかというと、
ナノレベルに微細化しバイオ技術で醸成された大豆の有効成分(レシチン、イソフラボン、α-トコフェロールなど)とヤシを砕いた脂肪酸、ハーブの力で洗浄する、まったく新しい洗浄機能入浴剤です。ペットにやさしく、飼い主の方の手にもやさしく、そして生分解度99%で環境にもやさしい洗浄です。

ヘアー、皮膚の汚れや皮脂の洗い流し、雑菌から保護、ペットを清潔にすこやかに保ちます。イヤなニオイもさよなら。ヘアーと皮膚に必要なうるおいを守り、静電気も防ぐのでリンスの必要はありません。 また、ダニ、ノミなどの害虫をつきにくくします。
安全性、効力は各種実験で立証済み。

ホームページより

最初、「モンシュシュ」で検索したら、すてきなお菓子屋さんのホームページ飛んでいってしまった(笑)

このシャンプーを開発した会社は化粧品を開発しているとこってセールスの女性が言ってました。そこで貰ったパンフの裏に、唐突に、
日本獣医学会賛助会員
日本獣医皮膚科学会賛助会員
日本動物愛護協会会員

という名前が並んでますが、これなんなんでしょうか?(笑) 意味がわかんない。

ま、それは置いておいて、ちょっと使ってみようかなという気になったのは、うちの愛猫2がシャンプーのとき全身痙攣を起こしたことにあります。

e0012610_19542027.jpgこの事件のあと、何度もかかりつけの獣医と話したんですが、極度の緊張からくる筋肉の一時的なもつれ(人間でもあるよね、緊張してガチガチになって体が動かなくなること)、そういう類いのものではないか、と思っています。

猫を緊張させないためには、

①シャワーヘッドを怖がるのでためたお湯でおこなう
②洗う側(私)が緊張したり、不安に思ったりしない
③速やかに、おこなう


こういうことを考えると、このシャンプーは体を塗らせたあと、しばらく置いて(たぶん、1分ぐらいで十分なんだと思います)、軽く流すだけでいい、と聞いたので、これはいいな、と思って試してみようと買ってみたのです。

通常のシャンプーだと、うちの子たちのような長毛の場合、2度洗いしないとダメです。1回目は泡立たないんです。シャンプーで2度洗いして、次はリンス。リンスのすすぎもかなり時間をかけておこなうので、猫にとってはやっぱりストレスになると思います。

ただ今、換毛期突入ですので、いつもなら3月にシャンプーをしているんだけど、今年はなぜかの極寒(桜は咲き乱れてるのにね)ぶり返しで、桜は咲いててもまるで1月のような気温。
でもう少しまってからやる予定。

問題は、このシャンプー、長毛種にも通用するのか、洗った後の毛の状態はどうか、ですね。

またレポートします049.gif
[PR]

by jasgenki | 2010-03-27 20:18 | シャンプー