カテゴリ:下痢( 1 )

抗生剤と下痢の関係について

6月、7月と、下記事にあるようにいろいろあって2匹ともある抗生剤を飲んでいました。

こんな感じです。

①ぢゃすが血便(鮮血)をした。病院へ。
※血便とはウンチの中に血がまざっていることを主に言うそうで、鮮血の場合は痔(ぢ)とか、腸が傷ついているとかが考えられるそう。
免疫力の低下で日和見細菌がこんにちは。多頭飼いでしかも仲良し2匹猫なので、隔離するとストレスになることも考えられるので2匹まとめてお薬をもらいました。
1/4錠のお薬を7日間。

②ぢゃすお薬を飲み終えて5日後、嘔吐と下痢。
夜間病院(以下記事参照)に駆け込む。診断は①で書いた日和見細菌がまだいるとのこと。
お薬の量が体重にたいして少なすぎると。3キロ以上なら1/2錠あげてもいいといわれ、1/2錠を10日間。

③ぢゃすお薬を飲み終えた5日後、激しい下痢。いつもの主治医のところに連れて行くと、別の細菌が繁殖している。運動性細菌というもので、腸内のバランスがくずれていると。
その3日後、ウーロンも同じように下痢をし、病院に連れて行くと、運動性細菌が増えていると。

この経緯から②で多めの薬をもらったせいで、よい菌まで殺してしまい、腸内のバランスがくずれたのではないかと思うのだが、主治医は・・・・はっきりはいえません、と。。。。
②で、主治医ではない先生がでてきたんで、先生もやりにくかったと思うけど。
まさか②の夜間病院が応急処置だけじゃなく薬まで処方してくれると思わず・・・・

以前、江浜獣医師のドクターハラスメントに耐えながら通院していたとき、抗生剤を長く飲みすぎるといい菌まで殺す、といわれたことを思い出しました。抗生剤といってもいろんな種類があるそうなので今回飲んでいたものが、どんな種類のものかわかりませんが、運動性細菌はあまり移ったりするものではない、ということだったので、ぢゃすからウーに移ったのではなく、ふたりが同じ抗生剤を飲んでいて、そのせいで腸のいい菌まで殺してしまったからではないか?と思っています。

今回のことで学んだこと、
獣医は・・・・知識もそれぞれ、考え方もそれぞれ・・・・そのそれぞれに注意する。
最終決断は飼い主がする・・・・
薬のこと、副作用のこと、しつこくきく。
以前はベテランの医師がいいと思っていたが、若い先生の方が腰が低く「勉強します」的な姿勢をみせてくれる。今回のことでも「ちょっと調べてみます」といって調べた結果を電話で教えてくれたのは若い医師でした。ベテラン先生は「そんなことないと思いますけど・・・・」
薬の処方などは主治医にまかせる。

047.gif
[PR]

by jasgenki | 2008-08-17 21:21 | 下痢