具合が悪いときの猫たち

下に投稿しているとおり、ことしの梅雨時期は2匹ともおなかを壊す、を繰り返す体調不良月でした。深刻な病気、というのではなかったので、「よし」としたいと思うのですが、今回の体調不良で猫たちの「調子が悪いときの様子」というのがわかったので、今後の早期発見に役立つと思います。
e0012610_1035958.jpg←愛猫1のぢゃすみんが調子悪いとき。とにかく「私を看病して」といわんばかりにべたべたが半端じゃなくなるのです。愛猫1のぢゃすみんは、今年の10月で5歳(!)。付き合いが長い分、座り方や目、甘え方で「今日は毛玉をはくゾ」とか「なーんか調子がわるい」とかわかるようになりました。座り方が一番のポイントです。伸びて座ることが少なく、コンパクトに縮んで座ります。以前は食欲がなくなるので具合が悪いのがわかっていたのですが、最近は食欲が増す一方でおデブ注意報がでているくらい。3.8・・・3.9キロ台になったことも。毛玉はお腹にあっても食欲は落ちません。
■愛猫1 JASMINEの体調不良のときのサイン
 ・メーメー情けなく鳴いてとにかくまとわりつく。
 ・飼い主の姿が見えないと大声で叫ぶ(←これ、すごいんです)
 ・とにかく一緒にそばにいてほしい。人間枕を強制される。
 ・極度に甘えたがりになる。気持ち悪いぐらい。





e0012610_10475271.jpgいっぽう、愛猫2のウーロンはというと・・・いままで2度、明らかに具合が悪くなったことがあります。1回目は子猫としてうちに来た当時、引き出しに顔を突っ込んだとき、首がしまって取れなくなって、そうとう苦しい思いをしたとき。その様子を発見したとき、すでに極度のストレスと痛み(多分痛かったはず)で、体中をびっしょりぬれるぐらい舐めており、なによりそのぬれ方に驚きました。そのときは、事故の現場を見たわけではなかったので、「なんで体がぬれているの?」と不思議に思って様子を見ることに・・・すると・・・・ご飯は一切食べない、遊ばない、声も発さない・・・あきらかにおかしいのに、なぜか絶対ぢゃすみんと飼い主のそばにちょこん、と立っているんです。でも、でも、でも、目がチョーーー悲しそうなの!(笑) 毎日律儀にお出迎えする子なのですが、帰宅時も普通どおり玄関まできてるし、飼い主が行くとこ行くとこ後ろをついてくるし、寝るときは枕の横にいるし・・・だから「なんか静かだな」ぐらいしか思わなかったんです。このときは数日まったく声を出していないことにハっ!と気づいて初めて「首が絞まってのどがおかしいんだ」とわかりました。

e0012610_104266.jpgそしてこの夏お腹を壊したとき・・・・いつものように玄関にお出迎え。いつもどおり、えさを出すと、食べないので「なんか変だな」とは思ったけど、飼い主の行くとこ行くとこついてくるし、最初はわからなかったんです。いつもそばにいるし「ノリが悪いな」ぐらいで見てたんですけど、気がついたのはぢゃすみんと私がラブラブで遊んでいるのをじっと見つめてこの顔!眠いのかしら?って思ったりもしたんですが、お風呂から出ると、風呂場の前でまたこの顔!寝室に行くと追いかけてきてわざわざ飼い主の顔の前にきて・・・・
この顔!

顔に出すぎです!あわてて病院にいったら先生が言うには「そんなに重症じゃないはず、ほら顔も元気そうだよ!」と・・・・・病院では探検しまくっていつものイキイキ顔だったんです。
心配してほしくて、大げさにフリしてたのだろうか?
ま、この顔のおかげでわかったんでよかったんですけどね。

■愛猫2 WooRonの体調不良のときのサイン
 ・顔にでるのでわかります。
 (行動には出ないので、顔で判断するしかない)
 ・エサは食べなくなることが多い
 ・いつも要求鳴きが多いが鳴かなくなる


口が利けない分、飼い主は毎日猫たちに気をかけてあげなければ、と思います。そういう意味でも日々デジカメで様子を撮影しておくのが、思いもよらず役にたっています。
動画・・・毛玉をはくとき、食べ物を戻すとき、体のどこを揺らして吐いているかで、小腸か大腸か、胃かわかるといいます。はいたものの形状でもわかりますし、はいているものの消化のぐあいなんかも先生にみてもらえます。様子がおかしいとき撮影したものを先生にみせてわかったことがいままでたくさんありました。「血便」のときも撮影していったらすごく診断に役立ったので、デジカメがあってよかったって思います。
[PR]

by jasgenki | 2008-08-30 11:11 | 体重