サマーカットなし

e0012610_1635341.jpg

2012年の夏、サマーカットする気まんまんだたのですが、結局タイミングを逃し、カットすることなく夏を過ごしています。

例年だと、6月ごろに「も~たまらん」という暑い日があり、そこでカットに踏み切り、2週間ぐらいかけてゆっくり剪定?していく、という感じだったのですが、今年の6月の福岡は、そんなに「暑い」という日がなかったんです。
クーラーをつけたのも7月に入ってからでしたし。
そのかわり7月末から8月に入ってから、ご存知の通りの連日猛暑。

電力不足の案内もあっていたし、1日中クーラーなんてもってのほか。
できることを、やろう、ということで、
テレビでやっていた部屋の温度の上昇させないような工夫をしたり、冷却ボードを置いたり、
お風呂場に自由に行き来できるようにしたり、そういう環境づくりをしました。

ウーロンの毛は、自分でしっかり抜けて、毛があるように見えますが、かなり薄くなっています。
ところが愛猫1のぢゃすみんの方は、抜けた毛が上手に抜け落ちきれずその場で絡まり毛玉になるという
長毛種によくある悪循環を引き起こしてしまいました。

なので毎晩、30分ぐらいかけて、猿の毛づくろいのように、ぢゃすの体を手先で細かくかき分けながら、絡まった束を見つけたらチョキン・・・見つけたらチョキンを繰り返しました。
ブラッシングももちろんかかざずに。

テレビで、サマーカットはやればいい、というものではない、自分で温度調節できるのに、逆にその邪魔をしてしまうこともある、といってたので、今年はトラガリータはなし。

夏のブログ更新も滞ることなく、続けることができました。
いつもの年はあまりに虎刈りなので、少し控えたりしてましたから。
[PR]

by jasgenki | 2012-08-25 16:13 | 猫の暑さ対策