肛門嚢炎 その2

e0012610_10161421.jpg肛門嚢炎なるもるものになり、左のお尻を腫らせ、痛い思いをした愛猫1。1日置きに患部の消毒に行き、五日間の抗生物質を呑み終えました。消毒に行く度、傷の治りが早い、と言われ一安心です。

梅雨時期は何かと不衛生になりがちですから、早く治ってくれ、と祈っていました。

とはいえ、膿を出した2日後ぐらいまでは、浸出液のようなものが出ますので、お尻の周りの毛がカピカピ。なもんで、傷を洗いに行くたんびに、バリカンで絡まった毛をカットしていたら・・・
あ~ら不思議(不思議でもなんでもないけど)、左のお尻だけが丸刈リータです。

そして、傷口が綺麗に見えるようになりました。ポコンと、大豆位のサイズの穴が開いています。
これ、先生に言わせるとかなり大きいらしい。

お尻の腫れを発見したときは、赤黒く腫れてて、どうなってるのかよくわかんなかったんですが、写真を撮りましたので、見たい方はみてください。

左のお尻だけ丸刈リータなのか、ちょっと笑えるんですけど(爆)、
みなさん、笑わないようにお願いします。
どーしても笑いたいときは、パソコンの前を離れ、隣のお部屋で笑ってください。(笑)

患部の写真ですので、ご自分の判断でお進みください。









以下に患部の写真を載せています。






猫の肛門嚢炎の治療中6日目の写真です。






膿を出していたときは、よくわからなかった傷口が
はっきり見えます。




写真がありますので、ここから先はご自分の判断でお進みください。


お尻をこっちに向けているところを激写!



e0012610_10423869.jpg


左側のお尻だけ、毛をかられてしまいました。
必死に笑いをこらえてくださいね。

e0012610_10424659.jpg



赤いところが傷口。この位置に肛門腺があるってことですよね。

e0012610_10425336.jpg

ポコンと穴が開いています。傷口の洗浄のいくと、シリンジ(注射器)に消毒液を入れ、この穴の中にチュチューーーと消毒液をいれ洗ってくれます。

その間、まったくもっておとなしくしているので、最初膿を出した日かなり大暴れして大変だったのがウソのようだね、といつも先生と話します。
多分、そうとう痛かったんだろうね、と。

先生いわく、短毛の子でもわかりにくい子が多く、破裂してあわててつれてくる人がほとんどだと。


みなさんも、お尻の毛を掻き分けて、愛猫尻をチェックしてあげてくださいね。
気分は、猿の毛づくろいです!
[PR]

by jasgenki | 2009-06-21 10:30 | 肛門腺